データを読み込んでいます
少々お待ちください...
浸水想定区域図 - 石狩川水系・天塩川水系 -

「浸水想定区域図」公表のねらい

北海道開発局では、洪水・津波などの自然災害時における警戒避難のための資料として、災害時の状況、避難地、避難路の位置などを具体的に示した「ハザードマップ」を流域市町村と協力して作成してきております。

「浸水想定区域図」はその基礎資料となるもので、洪水氾濫シミュレーションによって洪水氾濫の危険区域を示したものです。この図により流域住民の皆様に洪水氾濫によって浸水の可能性のある区域をその程度をお知らせすることで、次のことに役立てていただきたいと考えています。


「浸水想定区域図」ダウンロード

リンクをクリックすると、浸水想定区域図をPDF形式でダウンロードできます。

天塩川水系 天塩川 : 1/3(1.2MB) / 2/3(1.1MB) / 3/3(1.2MB) 天塩川水系 名寄川 : 1/1(1.3MB) 天塩川水系 風連別川 : 1/1(1.6MB) 石狩川水系 石狩川上流 : 1/1(0.7MB) 石狩川水系 忠別川 : 1/1(0.9MB) 石狩川水系 美瑛川 : 1/1(1.8MB) 石狩川水系 辺別川 : 1/1(0.8MB) 石狩川水系 牛朱別川 : 1/1(0.6MB) 石狩川水系 オサラッペ川 : 1/1(0.6MB)
0.5m未満の区域 橋梁
0.5m~1.0m未満の区域 大橋(国)橋梁名
1.0m~2.0m未満の区域
2.0m~3.0m未満の区域
3.0m~4.0m未満の区域
4.0m~5.0m未満の区域
5.0m以上の区域

石狩川水系 オサラッペ川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系オサラッペ川の水位周知河川区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、オサラッペ川の現状の河道状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことによりオサラッペ川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成21年12月7日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第142号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項

(5)対象となる水位周知河川:石狩川水系オサラッペ川(実施区間:左岸 北海道上川郡鷹栖町字近文571番の1地先から石狩川の合流点まで、右岸 北海道上川郡鷹栖町字近文570番の1地先から石狩川の合流点まで)

(6)指定の前提となる計画降雨:オサラッペ川流域の3日間総雨量280mm

(7)関係市町村:鷹栖町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250mx250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーシヨンにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

石狩川水系 牛朱別川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系牛朱別川の洪水予報区聞について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、牛朱別川の現状の河道状況、永山新川(分水路)の状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね150年に1回程度起こる大雨が降ったことにより牛朱別川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成21年7月17日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第85号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項

(5)対象となる洪水予報河川:石狩川水系牛朱別川(実施区間:左岸 旭川市東旭川町桜岡100番2地先から石狩川への合流点まで、右岸 旭川市永山町14丁目218番6地先から石狩川への合流点まで)

(6)指定の前提となる計画降雨:牛朱別川流域の3日間総雨量260mm

(7)関係市町村:旭川市

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250mx250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーシヨンにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

石狩川水系 辺別川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系辺別川の水位周知河川区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、辺別川の現状の河道状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより辺別川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成22年1月28日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第16号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項

(5)対象となる水位周知河川:石狩川水系辺別川(実施区間:左岸 北海道上川郡美瑛町字下宇莫別784番1地先から美瑛川の合流点まで、右岸 旭川市西神楽511番地先から美瑛川の合流点まで)

(6)指定の前提となる計画降雨:辺別川流域の3日間総雨量250mm

(7)関係市町村:旭川市、美瑛町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250mx250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーシヨンにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

天塩川水系 天塩川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、天塩川水系天塩川の洪水予報区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、指定時点の天塩川の河道の整備状況、岩尾内ダムの洪水調節施設の状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより天塩川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部、国土交通省北海道開発局 留萌開発建設部

(2)指定年月日:平成14年3月29日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第65号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第10条の4第1項

(5)対象となる洪水予報河川:天塩川水系天塩川(実施区間:左岸 上川郡朝日町字登和里3739番の2地先から海まで、右岸 上川郡朝日町字登和里3996番の1地先から海まで、平成4年3月27日付け 運輸・建設省告示第2号告示)

(6)指定の前提となる計画降雨:天塩川流域の3日間総雨量224mm

(7)関係市町村:天塩町、幌延町、豊富町、中川町、音威子府村、美深町、名寄市、士別市

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

天塩川水系 名寄川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、天塩川水系名寄川の洪水予報区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、指定時点の名寄川の河道の整備状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより名寄川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成14年3月29日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第66号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第10条の4第1項

(5)対象となる洪水予報河川:天塩川水系名寄川(実施区間:左岸 然別川から天塩川の合流点まで、右岸 然別川から天塩川の合流点まで、平成8年3月22日付け 運輸・建設省告示第1号告示)

(6)指定の前提となる計画降雨:名寄川流域の3日間総雨量244mm

(7)関係市町村:名寄市、下川町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

石狩川水系 石狩川上流 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系石狩川上流の洪水予報区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、現状の河道状況、大雪ダム等の洪水調節施設の状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね150年に1回程度起こる大雨が降ったことにより石狩川上流がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成14年7月5日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第99号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第10条の4第1項

(5)対象となる洪水予報河川:石狩川水系石狩川上流(実施区間:左岸 上川郡上川町字菊水333番の4地先から旭川市神居古潭166番地先まで、右岸 上川郡上川町字日東20番の1地先から旭川市神居古潭166番地先まで、平成4年3月27日付け 運輸・建設省告示第2号告示)

(6)指定の前提となる計画降雨:石狩川上流域の3日間総雨量230mm

(7)関係市町村:旭川市、比布町、当麻町、愛別町、上川町、鷹栖町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

石狩川水系 忠別川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系忠別川の洪水予報区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、現状の河道状況、洪水調整施設(忠別ダム)の状況を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね150年に1回程度起こる大雨が降ったことにより忠別川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成22年1月28日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第15号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第14第1項

(5)対象となる洪水予報河川:石狩川水系忠別川(実施区間:左岸 上川郡東神楽町字志比内182番1地先から石狩川への合流点まで、右岸 上川郡東川町1067番2地先から石狩川への合流点まで、平成4年3月27日付け 運輸・建設省告示第2号告示)

(6)指定の前提となる計画降雨:忠別川流域の3日間総雨量280mm

(7)関係市町村:旭川市、東川町、東神楽町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

石狩川水系 美瑛川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、石狩川水系美瑛川の洪水予報区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、現状の河道状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね150年に1回程度起こる大雨が降ったことにより美瑛川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局 旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成14年7月5日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第106号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第10条の4第1項

(5)対象となる洪水予報河川:石狩川水系美瑛川(実施区間:左岸 上川郡美瑛町字美瑛原野7519番地先オヤウンナイ20号から忠別川の合流点まで、右岸 上川郡美瑛町字置杵牛原野7513番地先オヤウンナイ20号から忠別川への合流点まで、平成4年3月27日付け 運輸・建設省告示第2号告示)

(6)指定の前提となる計画降雨:美瑛川流域の3日間総雨量260mm

(7)関係市町村:旭川市、美瑛町

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

天塩川水系 風連別川 浸水想定区域図について

1 説明文

(1)この図は、天塩川水系風連別川の水位周知河川区間について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区域が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。

(2)この浸水想定区域等は、風連別川の現状の河道状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね100年に1回程度起こる大雨が降ったことにより風連別川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。

(3)なお、このシミュレーションの実施に当たっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、高潮、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

2 基本事項等

(1)作成主体:国土交通省北海道開発局旭川開発建設部

(2)指定年月日:平成24年3月30日

(3)告示番号:国土交通省北海道開発局告示第45号

(4)指定の根拠法令:水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項

(5)対象となる洪水予報河川:天塩川水系風連別川(実施区間:名寄市風連町字東風連1282番地先の国鉄橋下流端から天塩川への合流点まで。)

(6)指定の前提となる計画降雨:風連別川流域の2日間総雨量220mm

(7)関係市町村:名寄市

(8)その他計算条件等:水位及び水深は、はん濫域を格子状(メッシュ約250m×250m)に分割してその平均地盤高を基に計算しています。想定した破堤・溢水個所は、概ね200m毎に破堤・溢水の可能性を評価し、可能性のある全ての地点で破堤・溢水させ、はん濫シミュレーションにより想定される浸水区域及び水深等を図示しています。

初期画面(河川から選ぶ)


本サイトを最初に表示すると、上の「河川から選ぶ」画面が表示されます。
この画面では、対象河川を決定します。

他の画面から「河川から選ぶ」画面に移るには、[A]の見出しをクリックします。
画面サイズによっては、地図がはみ出して表示されますが、マウスドラッグにより地図を移動させることが出来ます。
対象河川にマウスカーソルを合わせると、強調表示されます[B]。
そのままクリックすると、表示対象河川の確認ダイアログが表示されます。

表示をキャンセルしたい場合は「いいえ」か右上の×をクリックしてください。
「はい」をクリックすると、「浸水想定区域図」に画面が切り替わります。
(続きは左の見出しから「浸水想定区域図」を選択してください)

市町村から選ぶ


この画面では、河川と市町村の組み合わせを決定します。

他の画面から「市町村から選ぶ」画面に移るには、[A]の見出しをクリックします。
画面サイズによっては、地図がはみ出して表示されますが、マウスドラッグにより地図を移動させることが出来ます。
対象市町村にマウスカーソルを合わせると、強調表示されます[B]。
そのままクリックすると、表示対象河川の確認ダイアログが表示されます(複数の河川が含まれる場合もあります)。
また、表[C]をクリックしても、表示対象河川の確認ダイアログが表示されます。
表の見出し[D]をクリックすると、内容の並べ替えが出来ます


表示をキャンセルしたい場合は「いいえ」か右上の×をクリックしてください。
「はい」をクリックすると、「浸水想定区域図」に画面が切り替わります。
(続きは左の見出しから「浸水想定区域図」を選択してください)

浸水想定区域図


この画面では、地図上に浸水想定区域、橋梁の情報を表示します。
表示する情報は、選択中の河川のみになり、移動範囲も選択中の河川によって変わります。

ピンクの枠で囲った部分についての概要は以下の通りです。

基本操作


地図の移動
地図上で、マウスの左ボタンをクリックしたまま動かす(マウスドラッグ)か、[D]の十字ボタンをクリックすると地図を移動できます。
地図の拡大縮小
地図上で、マウスホイールを向こうに回すと地図を拡大し、手前に回すと縮小します。、[D]の+/-ボタンとスライダでも拡大縮小できます

地図に関する情報を表示


上図[B]の各ボタンをクリックすると、凡例、位置図、浸水想定区域図についての説明が表示されます。
凡例を表示する

[A]をクリックすると、ブラウザ画面内で移動できる凡例が表示されます。
凡例を表示したまま地図操作ができます。
[B]のタイトル部分をドラッグすると移動でき、一時的に折りたたむには右上の△ボタンを、閉じるにはXボタンをクリックします。
位置図を表示する

[A]をクリックすると、ブラウザ画面内で移動できる小さな地図が表示されます。
表示されている範囲は赤点線の枠で表示され、地図画面に連動しています。 この枠をドラッグして移動することも出来ます。
[B]のタイトル部分をドラッグすると移動でき、一時的に折りたたむには右上の△ボタンを、閉じるにはXボタンをクリックします。
浸水想定区域図について

[A]をクリックすると、表示中の河川に関する浸水想定区域図についての説明を表示します。
この説明を閉じるまで、他の操作はできません。
[B]のタイトル部分をドラッグすると移動でき、最大化するにはタイトル右上の□ボタンを、閉じるにはXボタンをクリックします。

浸水想定区域図公表のねらい


「浸水想定区域図公表のねらい」[A]をクリックすると、浸水想定区域図全般に関する説明と浸水想定区域図のダウンロードリンクが表示されます。



ダウンロードファイルはPDF形式です。

左の目次から選択してください