旭川開発建設部TOP > 河川・砂防 > 洪水浸水想定区域の指定について 
 
 水防法(昭和24年法律第193号)第14条に基づき、洪水予報河川及び水位周知河川について洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水災による被害の軽減を図るため、水防法施行規則(昭和12年建設省令第44号)で定めるところにより、当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定するものです。
 また、水防法第14条、水防法施行規則第1条から3条に基づき、洪水浸水想定区域及び浸水した場合に想定される水深、洪水時家屋倒壊危険区域及び浸水継続時間等を表示した図面に洪水浸水想定区域の指定の前提となる降雨を明示したものです。 
天塩川水系天塩川上流 浸水想定区域図
天塩川水系名寄川 浸水想定区域図
天塩川水系風連別川 浸水想定区域図
天塩川水系剣淵川 浸水想定区域図
石狩川水系石狩川上流 浸水想定区域図
石狩川水系忠別川 浸水想定区域図
石狩川水系美瑛川 浸水想定区域図
石狩川水系辺別川 浸水想定区域図
石狩川水系牛朱別川 浸水想定区域図
石狩川水系オサラッペ川 浸水想定区域図
石狩川水系永山新川・牛朱別川上流 浸水想定区域図
 
 
 
 
石狩川上流大規模氾濫への備え取組状況はコチラ
天塩川上流大規模氾濫への備え取組状況はコチラ